検索
  • nose-江口

女性お顔そり専門店アイリス ポスターデザイン

最終更新: 2019年12月31日

「顔そり=男性」そのイメージを払拭したい。

まずはそこからのスタートだった。

 

「顔そりは毛が太くなる」「肌を傷つける」を否定し、

「プロの顔そりは素肌を整える」という事を訴求したい、と。

 

それらを全て含んだ内容となると、

女性がいくつになっても気になり続けている

「素肌」がキーポイントとなる。

 

オーナーさんがキャッチコピー講座を受講し、

ご自身が考案したコピー

「同い年、見ためのちがいは肌でした。」が

最高で最適の出来映なのでイメージはすぐに広がった。

 

そこでつい、 お顔そりのシーンをメインビジュアルにしがちだが、

お客さまは決して「肌にカミソリを当てられたくて」

気持ちが動くのではない。そこに物語は浮かばない。

 

施術中の快適な自分を想像して行きたくなる

マッサージ店とは違うのだ。

 

お顔そりの先にある「効果」に魅力を感じるだろうし、

感じてほしい。そこに需要と供給がマッチする。

 

ダイエットを頑張った後、

体重計に乗ると理想の体重だった時の興奮。

 

ずっと欲しかった洋服を手に入れ、

家で試着した時の高揚感。

 

何かひとつ乗り越えたことで得られる、

「幸福」を実感している物語にしたかった。

 

「プロの顔そりは素肌を整える」を信じて

輝く素肌を手に入れた時の気持ち。

 

うつむいていたつぼみが

太陽の光を浴びて一気に咲き開く、

そんな晴れやかな気分を表現した。


62回の閲覧

最新記事

すべて表示

23年前の決意

23年前、最初の勤め先のデザイン会社の社長は、 会社説明会で「これからはPDFで原稿をやり取りし、 在宅勤務が可能になるから女性は出産後も働ける。 うちは今その制度の試用期間だ」と熱く語り、 妊婦の社員さんを2人紹介された。 当時、ほとんどの人が「PDFデータ」の存在を知らず、 「テレワーク」なんて今ほど認知されてなかったのに。 今は亡き社長の先見の目は確かだった。 私は、その社長のおかげ