検索
  • nose-江口

乳幼児子育てサポート協会オリジナルオイル ラベルデザイン

「産後うつゼロの社会をめざして」を掲げ、

産前産後のママの育児をあらゆる面で応援する協会

『乳幼児子育てサポート協会』。


以前、協会の代表である行本さんからご依頼を受けて

パンフレットや名刺、協会のイベント用Tシャツなどの

デザインをさせていただいた。

(参照→ https://www.nose-h.com/otoriyose-1


今回はベビーマッサージで使用される

オリジナルオイルのラベルデザインのご依頼。


メインになるママと赤ちゃんのイラストは、

前回、Tシャツデザインの時につくったものだった。

(参照→ https://www.nose-h.com/ssapo


実はその時、一緒にいれる英語のコピーも考えてほしいと

というリクエストがあったのだ。


産後うつ、と聞けば、重たいテーマに感じるだろう。


産後うつにかかってしまうママのほとんどが、

すっごく真面目で、責任感があって、頭の良い女性。


ワンオペ育児で誰にも頼れずじっと耐えたり、

SNSなどが原因で情報過多によって振り回されたり、、


そんな女性を一人でも多く救いたいというのが協会の想いだ。


そして、そんな女性が協会のイベントに訪れた時には、

少しでも癒されて、少しでも気持ちを楽にしてほしい。


そして何より、子育てそのものを楽しいと思ってほしい。


「Enjoy Kosodate!」


こうして生まれた合言葉のようなコピーを

行本さんに大変気に入っていただき、即、採用。


赤ちゃんとママのコミュニケーションアイテムである

オイルにもその願いをのせて。


協会の方々の活動はどんどんパワフルになっている。

「産後うつゼロの社会」は、そう遠くない未来かもしれない。




91回の閲覧

最新記事

すべて表示

23年前の決意

23年前、最初の勤め先のデザイン会社の社長は、 会社説明会で「これからはPDFで原稿をやり取りし、 在宅勤務が可能になるから女性は出産後も働ける。 うちは今その制度の試用期間だ」と熱く語り、 妊婦の社員さんを2人紹介された。 当時、ほとんどの人が「PDFデータ」の存在を知らず、 「テレワーク」なんて今ほど認知されてなかったのに。 今は亡き社長の先見の目は確かだった。 私は、その社長のおかげ