検索
  • nose-江口

ホームページとコンセプトと私


「とにかくカッコイイものを」


・・なんて、カッコ悪いコンセプトのせいで

なかなかまとまらなかった自分のホームページ。


人から背中を押され、

人からアドバイスをいただき、

人にフォローしてもらいながら、めでたく開設できた。


「人」とはなんとありがたいことか。


ホームページに掲載するために過去の作品を辿っていると、

「この仕事の打ち合わせは楽しすぎて、そのまま一緒に飲みに行ったな。」とか

「このプレゼン、、皆からのプレッシャーで吐きそうやったよな。おえ。」とか

「この撮影現場!スタッフ達とめっちゃトラブル乗り越えたな!」とか。


とにかく、どの仕事を振り返るにも「人」の顔や言葉が登場する。


そういえば、、


以前、デザイナーという職業に興味がある学生さんに

「デザイナーとして必要なことはなんですか?」と聞かれた時、

「人の話が聞けないとダメです。」と

反射的に答えた自分に驚いたことを思い出した。


「人」と会話することで作り上げていく。


それが私の仕事のコンセプトやないかと。

ホームページではそれを伝えなあかんやないかと。


自分で自分をひっぱたいたように目が覚めた。


「人の話が聞けない」というのは「人に興味が持てない」のと同意。


誰かに興味を持ってもらえるモノを作り出すには、

まず作り手の自分が興味を持たないと。嘘は必ず見抜かれるのだ。


という訳で、いろんな人・コトに興味が持てるグラフィックデザイナー。

それが『NOSE graphic design office』の江口佐麻里でございます。

どうぞ、どうか、よろしくお願いいたします。

267回の閲覧

最新記事

すべて表示

23年前の決意

23年前、最初の勤め先のデザイン会社の社長は、 会社説明会で「これからはPDFで原稿をやり取りし、 在宅勤務が可能になるから女性は出産後も働ける。 うちは今その制度の試用期間だ」と熱く語り、 妊婦の社員さんを2人紹介された。 当時、ほとんどの人が「PDFデータ」の存在を知らず、 「テレワーク」なんて今ほど認知されてなかったのに。 今は亡き社長の先見の目は確かだった。 私は、その社長のおかげ