検索
  • nose-江口

イズミヤ堀川丸太町店ハガキチラシ


いつものクライアント、類設計室様からの案件。


だけど、いつもと違う打ち合わせだった。


今回はインターンの学生の女の子が自分で企画し、

制作希望ポイントを自ら説明してくれたのだ。


彼女にとって初めての企画、初めての打ち合わせ。


キャッチコピーひとつでも何案もの候補が出され、

ラフ案にも少し迷いが見られる。


でも驚いたのは、彼女の目指したい方向性が

完全に絞れてたことだ。


学生の多い町である京都堀川丸太町。

一人暮らしを始める新入生に 買い物がしやすいイズミヤの存在を優しく伝えたい。


そしてずっと冷蔵庫などに貼り続けてもらえるよう

手作り感のある可愛いデザインにしたい。


「エアメールのようにしたいんです。デザインも内容も。」


そう言う彼女には芯の強さが見えた。


「周りをエアメールの柄にして、

 消印をイズミヤさんのロゴと

 近所の目印である二条城のデザインに。

 地図を切手のようにしたいんです。」


「なるほど。ではせっかくなのでエアメールの柄は

 イズミヤさんのイメージカラーにしません?」


その瞬間、彼女の目が輝く。


おもしろい。打ち合わせの楽しさはここにある。


アイデアを打ち出して合わせていく。


企画側の迷う部分には制作側が解決法を出す。逆もしかり。


よし!それでいきましょう!!と決定した時の気持ち良さ。

そんな時はデザインで迷うことがない。


こういった気持ちの良い仕事が

彼女のこれからの意欲や活力になってほしい。


娘でもおかしくない年齢の彼女につき動かされ、

またデザインの仕事がおもしろくなってきた次第である。




76回の閲覧

最新記事

すべて表示

23年前の決意

23年前、最初の勤め先のデザイン会社の社長は、 会社説明会で「これからはPDFで原稿をやり取りし、 在宅勤務が可能になるから女性は出産後も働ける。 うちは今その制度の試用期間だ」と熱く語り、 妊婦の社員さんを2人紹介された。 当時、ほとんどの人が「PDFデータ」の存在を知らず、 「テレワーク」なんて今ほど認知されてなかったのに。 今は亡き社長の先見の目は確かだった。 私は、その社長のおかげ